引越し 初期費用

引越しと初期にかかる費用

引越し 初期費用

 

引越しの初期にかかる費用にはいろいろあります。
物件の契約には専門的な用語が多いので一体何のお金なのかハッキリわからないことがありますので確認してみましょう。

 

物件を契約するときには敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用などがかかります。
何の費用なのでしょうか?

 

敷金は物件を退去する際に汚れた壁紙や傷んだ箇所を補修する費用です。
入居時に管理会社や大家さんに預ける形式となっています。
部屋を綺麗に使っていて退去時に特に問題がなければ使わなかったお金は返還されますが、契約によっては返還しないことになっている場合もあります。
どういう契約なのかは契約書をしっかり確認して把握しておきましょう。

 

礼金は大家さんへのお礼の費用です。
昔から慣習的に支払われていたものですが、最近は礼金ゼロという物件も増えつつあります。
なぜなら賃貸物件の空き家が増えているので、礼金をサービスして入居を促したいからですね。

 

2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める大家さんもいます。
やはり家賃の滞納は社会問題となっており、ちゃんと貯金があって家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。
しかし1か月フリーレント、つまり1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという大家さんもいるのです。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社の費用です。
法律で決まった金額はなく、家賃1カ月分とか家賃の数パーセントと会社によって決まっています。確認しておきましょう。

 

最近は一人親、一人っ子などで連帯保証人を用意できない人が増えました。
なので連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は必ず火災保険に加入させられます。
例えば自分が起こした火事でなくとも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
前の住人がスペアキーを何本作ったかはわからないので、防犯のためにも付け替えましょう。費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。