冷蔵庫 搬送

冷蔵庫の搬送でお困りですか?

冷蔵庫 搬送

 

大型冷蔵庫 搬送

 

冷凍冷蔵庫 搬送

 

冷蔵庫 宅急便 送る

 

冷蔵庫は買ってからはなかなか動かすことのない家電ですね。
大きいし重いうえに重心がわかりにくいので、自分で動かすのはかなり危険です。

 

冷蔵庫を運んでくれそうなのは、便利屋・大手の宅配業者・引越し業者です。

 

便利屋は1時間単位での料金体系なので、冷蔵庫を家の中で移動させたいときや近距離での配送には良いと思います。
しかし作業に1時間以上かかる場合は、逆に高額になります。

 

宅配業者で冷蔵庫を扱うのは大手の家財便くらいで、ライバルが少ないので費用は高めに設定されています。

 

郵便局のゆうパックは、扱う荷物のサイズが3辺の合計が1,7m以内で30kg以内の荷物ですから、冷蔵庫は運べません。

 

引越し業者は全国的にも数が多く、冷蔵庫を運び慣れているのでオススメです。
ただ費用に関してはどこの引越し業者のホームページにも記載がなく、見積もりを取ってみないとわからないのです。

 

今は一括見積もりがありますので、一番安く冷蔵庫を搬送してくれる業者を探すのも簡単にできます。

 

あまり知られていないのですが、引越し業者は冷蔵庫などの大型家電のみを配送するサービスもやっています。
まずはどこの業者がいくらで冷蔵庫を運んでくれるのか、調べてみませんか?

 

 

宅急便搬送

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ライフル引越し
引越し

・住まい探しのライフルの引越し
・はじめての引越しにもおすすめ
・あなたに合った業者とは

 

 

 

引越し費用の仕組み

 

冷蔵庫 搬送 仕組み

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、荷物が多いと料金が高くなります。
荷物が多ければそれだけスタッフの人数は多く必要となりますし、大きいサイズのトラックを用意しなければなりません。
ですから一人暮らしでも本やゲームなど荷物の多い人は費用がかかりますし、単身パックに収まる量の荷物しかない方は費用が安いということになります。

 

ですから不用品は引越し前に普通のゴミ収集日を狙って捨てたほうが費用が抑えられるということがわかります。
いらないものは引越し前にできるだけ処分したほうがお得に引越しできるということですね。

 

不用品の処分の方法は、売る・あげる・捨てるなどの方法があります。
しかしどれもちょっと時間がかかるので、引越し日までに終わるように早めに動きましょう。

 

ゴミカレンダーの日程によってはどうしても処分できない大きなゴミがあると思います。それらは直接クリーンセンターに持って行くという方法もあります。
市町村によって異なりますので、詳しくは最寄りのクリーンセンターにお問合せください。

 

もし仕事が忙しくて不用品の処理が出来なかった場合は、オプションとして別料金で引越し業者が引き取ってくれます。
しかし引越し日までに売る、あげる、捨てるなど計画的に処分しておくと費用が抑えられます。

 

もし一括見積もりの際に捨てるつもりだった家具が残っていたりすると、用意したトラックにすべて詰め込めなかったり、追加料金が発生したりなどのトラブルになります。
見積もりの際に処分しているつもりのものは必ず処分しましょう。

 

事情があってどうしても処分できなかった場合は、引越し業者に連絡しておきましょう。

 

エアコンの移設やピアノの運送などは、普通の引越しでは扱わないためオプションとなります。
専門のスタッフが必要になりますので、必ず連絡してくださいね。

 

 

引越しの時期と費用

 

引越しの時期

 

引越しにはとても忙しい時期があります。
この時期を繁忙期と呼び、その他を通常期と言います。

 

繁忙期は3月前後で、この時期は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンととにかく人が一斉に引越しをする時期なのです。

 

引越し業者も毎年のことなので、繁忙期にはスタッフを増員したり仕事を増やして繁忙期を迎えるのですが、到底及びません。

 

そのためこの時期の引越し費用が通常期よりも高めに設定されていますし、割引も期待できません。
冷蔵庫だけを運びたい場合でもやはり高めになりますので、時期にこだわりがないのであれば繁忙期は避けましょう。

 

繁忙期であっても少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、早めに準備することをお勧めします。
新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。一括見積もりが便利です。

 

繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこも一律同じという訳ではありませんので、比較はしましょう。
引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。

 

 

引越しの大まかな手順

 

引越し手順

 

引越しは沢山することがありますので、やっているとちょっとパニックになります。
そこで先におおまかな流れを把握しておくだけでも負担が軽減しますよ。
ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

ここに書いただけでも、することがたくさんありますね。

 

引越しといえば引越し業者との契約が必要ですが、これはまず新居が決まってからがおすすめです。
なぜなら新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。
物件の道が狭く、トラックが入れないこともあります。この場合は人海戦術となるため通常よりも費用があがります。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからのほうが正確です。

 

さて次は不用品をどんどん処分していきましょう。
新居に持って行ってゆっくり分別したい気もわかりますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるのでお金が勿体ないのです。
売ったり、あげたり、捨てたりと、処分するにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。
これを出さないと新居での手続きが進みませんし、出し忘れると出しに戻るか送ってもらうなどの手間がかかるのでお忘れなく。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし同じ市内での引越しなら、引越しした日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。
新居が真っ暗で、水もお湯も出ないではトイレもシャワーも使えませんので、お忘れなく。

 

郵便物が新居に届かないのは困ります。
最寄りの郵便局に行き、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれます。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品や高価なもの、大切なもの・壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
引越し業者も人間ですから、注意を払っていても壊してしまうこともあります。
保険もありますが元に戻らないもの、保険で賄えないものは自己責任で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
緊急性のないものはうっかりすると忘れてしまうので、早めに行きましょう。

 

 

引越し業者の行うオプションって何ですか?

 

引越し オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用の合計になります。
ではこの「オプション費用」とは具体的に言うと、どんなもののことなのでしょうか?

 

引越し業者のオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンは自分で購入して取り付ける人も多く、引越しの際には新居に持って行きたいと思うのは当然です。
1台10万円近くしますし、部屋ごとに欲しい家電でもあります。

 

しかし移設するには手間がかかり、引越し前に自分で電器屋に来てもらって取り外してもらい、新居でももう一度来てもらって取り付けてもらう必要があります。
2回手配しないといけないので面倒ですね。
引越し業者のオプションなら1度申し込むだけなので手間がかかりませんね。

 

引越し日には旧居と新居、両方とも掃除をする必要があります。
掃除には時間もかかりますし、体力も必要です。
時間がない、妊婦である、小さい子がいる方などは、オプションのハウスクリーニングもオススメですよ。

 

車なんて自分で運べばいいと思われるかもしれませんね。
しかし長距離運転の場合時間がない、自信がない、体力がない方もいます。
そういう方に車の陸送がオススメです。

 

 

 

 

 

冷蔵庫 移動 大型 家具 配送 仏壇 移動 タンス 引っ越し