冷蔵庫の引越しと近所への挨拶

引越しの際に近所への挨拶方法

引越し 挨拶

 

引越しの際に周囲の方へ挨拶をしておくと、その後の印象が変わります。
面倒と言わずにご近所への挨拶はしたほうがいいです。
引越し日、もしくは翌日までには行きましょう。それを過ぎると段々面倒になって、行かなくてもいい気がしてしまうのです。

 

では引越しの挨拶はどこまでの家まで行けばいいのでしょうか?
マンションやアパートの集合住宅ならば、上下左右の部屋の方に挨拶に行くのが一般的です。
家がつながっていると、生活音は思っているよりも案外気になるものです。
しかし挨拶をしておけば少なくとも顔見知りとなるので、生活音もだいぶ寛容になれます。人の心理は不思議ですね。

 

もし大家さんが近くに住んでいるならそちらにもご挨拶しておきましょう。
マンションに管理人さんがいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

 

そして一戸建ての場合ですが、昔から「向こう三軒両隣」と言いますが聞いたことはありますか?
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒にはご挨拶しておこうというものです。

 

一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制になっていることが多いです。
自治会長さんにもご挨拶してゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。
戸建て、とくにマイホームであれば一生付き合うことになる可能性があるので、ご近所トラブルは避けたいものです。

 

もちろん挨拶だけという方もいますが、簡単な粗品を用意したほうが挨拶に行きやすいかと思います。
粗品は500〜1000円程度のものがベストです。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいますのでご注意ください。
どのようなものを用意するかは人それぞれですが、洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

引越しの挨拶は早い方ほうがいいです。
引越しは少なくともトラックを横付けしたり、ドタドタと音がウルサイのでできれば引越し日までに、遅くても翌日までには行きましょう。