冷蔵庫 搬送

冷蔵庫の搬送でお困りですか?

冷蔵庫 搬送

冷蔵庫 輸送

冷蔵庫 送る

冷蔵庫 搬送する

冷蔵庫 搬送

 

冷蔵庫は買ってからは、なかなか動かすことのない家電ですね。
大きいし重いので、自力で動かすのは危険です。

 

冷蔵庫を搬送するなら、引越し業者がオススメです。

 

宅配業者と違って床や壁にも保護材を敷いてくれますし、冷蔵庫もキズが付かないように梱包してくれます。
引越し業者には、冷蔵庫などの大きな家電だけを運ぶサービスもあります。
ぜひ、お気軽に見積もりを取ってくださいね。

 

 

さらに費用を格安にするために、引越し業者一括見積もりサイトからの見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

一度の条件入力で、引越し業者からの見積もりが複数取れます。
あなたのお住いの地域にある業者で1番安いところを見つけるのに最適です。

 

是非ご活用くださいね!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し費用の仕組み

 

冷蔵庫 搬送 仕組み

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、荷物が多いと料金が高くなります。
荷物が多ければそれだけスタッフの人数は多く必要となりますし、大きいサイズのトラックを用意しなければなりません。
ですから一人暮らしでも本やゲームなど荷物の多い人は費用がかかりますし、単身パックに収まる量の荷物しかない方は費用が安いということになります。

 

ですから不用品は引越し前に普通のゴミ収集日を狙って捨てたほうが費用が抑えられるということがわかります。
いらないものは引越し前にできるだけ処分したほうがお得に引越しできるということですね。

 

不用品の処分の方法は、売る・あげる・捨てるなどの方法があります。
しかしどれもちょっと時間がかかるので、引越し日までに終わるように早めに動きましょう。

 

ゴミカレンダーの日程によってはどうしても処分できない大きなゴミがあると思います。それらは直接クリーンセンターに持って行くという方法もあります。
市町村によって異なりますので、詳しくは最寄りのクリーンセンターにお問合せください。

 

もし仕事が忙しくて不用品の処理が出来なかった場合は、オプションとして別料金で引越し業者が引き取ってくれます。
しかし引越し日までに売る、あげる、捨てるなど計画的に処分しておくと費用が抑えられます。

 

もし一括見積もりの際に捨てるつもりだった家具が残っていたりすると、用意したトラックにすべて詰め込めなかったり、追加料金が発生したりなどのトラブルになります。
見積もりの際に処分しているつもりのものは必ず処分しましょう。

 

事情があってどうしても処分できなかった場合は、引越し業者に連絡しておきましょう。

 

エアコンの移設やピアノの運送などは、普通の引越しでは扱わないためオプションとなります。
専門のスタッフが必要になりますので、必ず連絡してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫 移動 大型 家具 配送 仏壇 移動 タンス 引っ越し